理学療法士・作業療法士30代になる前に解決しておきたい3つの悩み

理学療法士・作業療法士30代になる前に解決しておきたい3つの悩み
リハ君&看ちゃん

リハ君&看ちゃん

転職を2人で10回以上し、年収を100万円ずつアップさせた理学療法士と看護師が運営。
転職のノウハウや年収をアップさせる秘訣を公開。
リアルな医療従事者の意見をお伝えしていきます。

FOLLOW

理学療法士

理学療法士

もうすぐ30歳になります。

今までは、年齢が経てば問題を解決してくれると思っていましたが、実際に30歳を目前にすると心配です。

30歳って区切りの年齢ですからね。

「本当にこのままでいいのか?」という心配を解消するためのアイデアをお伝えしましょう!

リハ君

リハ君

25歳から30歳前後の理学療法士、作業療法士、言語聴覚士のリハビリスタッフのお役に立てられたらと思います。

本記事はこんな人に読んでいただきたい

・30代前後のセラピスト

・仕事の目標や生きがいが無い人

・セラピストとして不安を抱いている人

この歳になって、「やる気を出せ」「もっと頑張れ」とか言われても無理です。

頑張れたとしても1ヶ月で限界ではないでしょうか?

頑張る方向を変えることで、人として・セラピストとして成長でき、充実した毎日を送ることができます。

そして、20~30歳代が自分や自分の人生を変えられるチャンスの時期です。

今やらないと、40歳になったときは保守的な行動しかとることができません。

30代で解決しておきたい3つの悩みがこちら

解決しておきたい悩み

・メンタル

・お金

・人間関係

完全に解決することは難しいですが、少しでも解決できる方法や思考法についてご紹介していきます。

少しでも行動する事が出来れば、控えめに言って人生が変わるので、ぜひ行動してみましょう。

スポンサーリンク

セラピストを辞めてもいい

セラピストを辞めてもいい

「今の資格を失ってもいい」そんな風に考えたことありますか?

理学療法士免許、作業療法士免許、言語聴覚士免許を失う。

それも自分から捨てる。

おそらく、そう考えられる人は少ないでしょう。

学生時代から頑張って取得した免許を、自分から捨てるってあり得ませんよね。

ですが、その考え方って物凄く大事だと思うんですよね。

ストレスから解放される考え方にもなるし、会社(病院や施設など)に依存して生きているという自覚ができる。

今、自分がセラピストじゃないと働くことができないと思っていると、嫌なことがあっても我慢しながら働くことになります。

逆に、「いつでも辞めてやるわ」というくらいの威勢でいたら、気持ち的にラクになりますよね。

とはいえ、現実的に考えるとそんなことは無理でしょう。

生活がやっていけない、家族を養っている、辞めづらいなど様々な理由があると思います。

だけど、その無理という壁を壊すことができたら…最高じゃないですか?

そのためには、いつでも今の職場を辞められる状況を作っておく必要があります。

職場を辞めてもいい環境を作る

今の会社をどうしたら辞めてもいい環境にできるか?

その問題はどこにあるのか?を明確にしていきましょう。

どんな縛りがあるのか

・給料

・コミュニケーション

・生活環境面

先輩や友人に紹介してもらった職場だから、友達のような職場のスタッフがいるから、新しく関係を構築するのが面倒だから、などの人間関係によるもの。

また、職場が家から近いから、就業時間が自分の生活にマッチしているから、などの生活環境によるもの。

中でも、金銭面の要因が最も多いのではないでしょうか。

お金がある程度貯まっていないと、何が起こるか分からないので怖いと。

これらの不安や心配を解決できる方法をいくつかご紹介していきます。

実際に、いつでも辞めてもいいという状況を作られたとしても、辞めなくてもOK。

自分のストレス回避のためのお守りのような感じにしておくのも良し。

>>PT・OT・ST専門の求人なら【PT・OT・ST WORKER】

30代でお金の心配を無くす方法

30代でお金の心配を無くす方法

極論からお話すると、年収が1200万円以上になることでお金の心配がほぼなくなります。

というのも、年収が1200万円を超えると、それ以上に稼いでも幸福度が変わらないという研究結果がでているのです。

「それなら年収1200万円を目指そう!」と言っても「えっ?どうやって?」ってなりますよね。

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士で1000万円超えの年収をもらうのは、ほぼ不可能と言えます。

だったらセラピストは、一生お金に苦労しますがなって話。

1000万円を超える可能性があるのは「副業」をすること。

1000万円に近づくなら「転職」すること。

このどちらか、もしくはどちらもやってみることが、お金に対しての不安を消してくれる要素になってくれます。

両者について具体的に解説していきます。

年収1000万円を超えるための副業

年収1000万円を超えるための副業

1000万円を超えるには、副業をする必要があります。

その副業の種類もアルバイトでは難しいと言えます。

仮にアルバイトで猛烈に働き、300万円くらい稼いだとする。

でも、それを毎年のように継続できますか?

かなり難しいですよね。

なので、今回はアルバイトでの副業は省きます。

では、どんな副業をするべきなのか?

おすすめの副業

・ブログアフィリエイト

・YouTube

・ココナラ、クラウドワークス

ブログやYouTubeで稼ぐことを考えるとすぐに結果を出すことは難しいです。

逆に、ココナラやクラウドワークスのように自分のスキルや物を売るようなものなら、即時性がありモチベーションが保ちやすいです。

ブログやYouTubeで収益化するハードルは高めですが、それを乗り越えれば大きな収益を見込むことができます。

ココナラは、単価としては高めですが、作業量に限度があります。

結論としては、自分の興味のあること、得意なことに挑戦することがおすすめ。

これらの3つの副業とも継続してやることがとても重要だからです。

年収1000万円に近づくための転職

年収1000万円に近づくための転職

年収を1000万円に近づけるために、手っ取り早い方法が転職です。

転職と聞くと、少し面倒なイメージがあると思いますが、1度は経験しておくべきだと個人的には思っています。

もちろん給料を上げるためでもあるが、知識・スキルの習得ができたり、新しい価値観を持つことができたりもするからだ。

転職活動もできるだけスムーズにストレス無くやりたいところ。

給料が高いところを調べるだけでも、時間と労力を使います。

なので、転職サイトを利用することをおすすめします。

転職サイトを利用することで、給料交渉・待遇交渉など聞きづらいところをカバーすることができますよ。

特に、PT・OT・ST WORKERなら数多くの求人数と専門のアドバイザーがサポートしてくれるのでおすすめです。

>>転職をお考えの理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の方は【PTOTST WORKER】

\まずは無料登録して高給料求人をチェックしよう/

転職だけでは年収1000万円は難しいですが、副業と合わせることで1000万円を狙える位置まで近づくことができます。

スポンサーリンク

30代までに人間関係をクリーンにしておこう

30代までに人間関係をクリーンにしておこう

人間関係がストレスの一番の原因となります。

人のストレスの90%が人間関係とも言われているほど。

中途半端な人付き合いをできるだけ無くした方が、あなたにとって楽しくラクな人生を送ることができるでしょう。

とはいえ、凝り固まった人間関係を今から壊そうとしても難しいですよね。

無理に壊す必要はなくて、自分から連絡を取らなければいいというのが最適な案だと思います。

つまり、接触頻度を減らしていくのです。

もちろん、これは中途半端な友人関係の話で、有益な友人とはこれからも積極的にコミュニケーションをとっていくべきです。

嫌いな人がいるならできる限り関わらないようにしましょう。

もしも、職場に嫌いな人がいてストレスの原因になるなら、転職を考えてもいいレベルです。

どちらかが退職しない限り、そのストレスはなくなりません。

30歳まで、もしくは30歳代までにできるだけ人間関係に対するストレスを無くしていく努力をしていきましょう。

資格を生かした転職活動はCRC(治験コーディネーター)がおすすめ

理学療法士・作業療法士として、もう働きたくない。

病院での人間関係は最悪だ。

このような方なら、治験コーディネーターという仕事もあります。

セラピストとして1年以上の経験があれば、転職することができる仕事。

中心的な立場になれれば年収1000万円も狙えるそうです。

もしも治験コーディネーターに興味があれば、CRCJOBに相談してみるのがいいと思います。

治験コーディネーターについて詳しく聞くこともできますし、転職へのサポートも充実。

全く知らなかった人でも、1年以上の経験があれば大丈夫!

受容・ニーズの高い職場への転職

今後、需要の高いIT系企業に転職するのもあり。

むしろ、セラピストよりも働きやすく、高い給料を目指せるのではないでしょうか。

もちろん、せっかく免許を取得してなったセラピスト。

簡単には、無駄にしたくありませんよね。

とはいえ、もしもIT系の会社に転職したとして、成功したらめちゃくちゃ嬉しいですよね。

仮に失敗したとしても、セラピストとして再開したらいいだけの話。

免許が無くなるわけではないので、保険として活躍しますよ。

理学療法士

理学療法士

IT系の知識もないのに、転職しても大丈夫なの?

こんな心配や悩みがあると思います。

結論から言わせていただきますと、大丈夫です。

あなたの若さが強みになります。

でも、どのように転職活動をしたらいいのか?

そんなときは、UZUZ(ウズウズ)という転職サイトを利用することをおすすめします。

>>理系に強いエージェント【UZUZ】

転職サイトUZUZでは、内定するまで徹底的なサポートをしてくれます。

また、ブラック企業と言われている企業を排除しています。

なので、安心して転職できるところも非常に魅力的。

生活環境に適した職場をもっと見つけよう

生活環境に適した職場をもっと見つけよう

毎日の生活を送る環境・場所は、人のやすらぎにもなり、ストレスにもなり得ます。

つまり、自分にとって住み心地の良さと悪さで幸福度が変わってくるということ。

人が多い都会に住んでいると落ち着く人、自然が多いところが落ち着く人、など人によって様々です。

まずは、自分が一番幸せと感じられる場所を把握しましょう。

これだけ知っておくだけで、ストレスフリーな生活を送ることができます。

そして、その住まいから職場が近い方がいいのか、遠い方がいいのかを決めましょう。

いくら今の職場環境が良いからといって、通勤に1時間以上費やしてしまっていては本末転倒。

「車の運転がめちゃくちゃ好きだから」という人には問題ないが。

多くの人がストレスと感じてしまうでしょう。

また、職場から近すぎてしまうのも、プライベートが無いような気がしてしまう人もいるでしょう。

自分がこの距離ならストレスなく、通勤・生活できるという基準をみつけよう。

そして、転職サイトに「だいたい通勤時間が20分くらい」と伝えれば、いくつか候補を挙げてくれるでしょう。

案外、見落としがちな住環境にも気を使ってみるといいと思います。

これだけでも、幸福度が上がります。

スポンサーリンク

【まとめ】セラピストが30代までにやるべき3つのこと

【まとめ】セラピストが30代までにやるべき3つのこと

最後に、今回の内容をまとめましょう。

まとめ

✔仕事を辞めてもいい環境を作る。ストレスを溜めない。

✔お金の心配をなくす。年収1000万円を目指す。

✔副業を始めたほうがいい。

✔転職活動は必須項目。マジでおすすめ。

30代までにやるべきことを探しているあなたはラッキーだと思います。

そのことに気が付かずに過ごしている40~50歳の方よりも、成長できる土台を作る事が出来るからです。

とはいえ、自分のためには行動することが重要です。

行動しなければ、なにもチャンスをつかむ事ができません。

世の中の成功している人たちは、行動して失敗して行動しているから、成功をおさめているんですよ。

楽して成功することはできません。これは断言できます。

リハ君&看ちゃん

リハ君&看ちゃん

転職を2人で10回以上し、年収を100万円ずつアップさせた理学療法士と看護師が運営。
転職のノウハウや年収をアップさせる秘訣を公開。
リアルな医療従事者の意見をお伝えしていきます。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です