【導入すべき?】POCリハとは?メリット・デメリットを解説

リハ君&看ちゃん

リハ君&看ちゃん

転職を2人で10回以上し、年収を100万円ずつアップさせた理学療法士と看護師が運営。
転職のノウハウや年収をアップさせる秘訣を公開。
リアルな医療従事者の意見をお伝えしていきます。

FOLLOW

まとめ

・POCリハは、患者の生活スタイルに合わせて介入できるメリットを持つ

・POCリハを導入することで、経営的な面でデメリットを生じやすい

・POCリハを導入したら、アピールしよう

・導入するなら「今がチャンス」

POCリハを導入することは、1つの挑戦です。

挑戦することで、失敗する可能性ももちろんあります。

 

しかし、挑戦しないと前に進めません。

病院も潰れる時代です。

 

経営、職員、患者様、地域の方々全てを含めて、Win-Winの関係を作っていきましょう。

経営の面では、少し損失がある場合もあることが分かります。

これらのデメリットを解消できるように、綿密な話し合いを設ける必要性がある。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

POCリハはチャンス

POCリハはチャンス

はっきり言って、POCリハを導入することに関して、今がチャンスだと思います。

理由は単純で、POCリハを導入している病院が少ないというところから。

 

経営的にデメリットが多いのになんで?

って思われるかもしれませんが、POCリハを導入したことをアピールすることが大切になります。

 

他の病院へ、地域の方に認知してもらうことで、特別な存在になるからです。

注目されることで、「こんなこともやってくれるんだ」っと関心につながり、いいイメージを持ってくれるでしょう。

 

なので、もしPOCリハを導入するのであれば、広報をしっかりとする。

ホームページ、SNS、チラシなどをどんどん活用していきましょう。

【まとめ】POCリハを導入する

まとめ

・POCリハは、患者の生活スタイルに合わせて介入できるメリットを持つ

・POCリハを導入することで、経営的な面でデメリットを生じやすい

・POCリハを導入したら、アピールしよう

・導入するなら「今がチャンス」

POCリハを導入することは、1つの挑戦です。

挑戦することで、失敗する可能性ももちろんあります。

 

しかし、挑戦しないと前に進めません。

病院も潰れる時代です。

 

経営、職員、患者様、地域の方々全てを含めて、Win-Winの関係を作っていきましょう。

理学療法士

理学療法士

POCリハってなんのことですか?

POCリハはざっくり言うと、地域包括病棟で単位数に関係無くリハビリを行なうことだよ。

リハ君

リハ君

本記事の内容

・POCリハを理解
・POCリハのメリットとデメリットを紹介

 

POCリハを導入しようとされる病院様のご参考になれれば幸いです。

スポンサーリンク

POCリハとは?

POCリハとは?

この図から分かるように、CARB(Complementary and Alternative Rehabilitation)の取り組みの一部が「POCリハ」ということ。

ちょっと分かりづらいかもしれないので、CARBについても簡単に解説していきますね。

CARBの定義とは

在宅復帰支援のための院内多職種協働の取り組みのこと

補完代替リハビリテーション:CARB(Complementary and Alternative Rehabilitation)

 

本来であれば、地域包括ケア病棟では、スケジュールと提供量(20分1単位)を管理された疾患別・がん患者リハビリテーションを提供する。

それとは別にCARBは、リハ包括算定を活かした時間・単位・場所に縛られないリハを提供できるもの。

 

CARBは、リハ科医の指示と処方の下にリハビリ療法士が実施・介入する。

分単位のリハビリ記録の記載が必要で、疾患別リハ・がん患者リハと同時に実施できず、1日平均2単位以上の要件にも含まれない。

POCリハの定義とは

POC(Point of Care)リハのこと。

CARBのうち、患者の傍らで、個別に短時間(20分未満)、オンデマンドでリアルタイムに直接介入するリハをPOCリハと称している。

主に患者の「しているADL」への介入を重点におく。

 

簡単に言うと、包括病棟で算定をせずに時間の縛り無くリハを実施する。

=常にリハスタッフが包括病棟に在駐している環境。

こんなイメージでいいと思います。

POCリハのメリットとデメリット

POCリハのメリットとデメリット
POCリハを導入するにあたっての、メリット・デメリットをご紹介します。

POCリハのメリット

POCリハのメリットがこちら

・病棟でのADL動作の訓練、確認できる頻度が高くなる
・訓練時と違って、患者の欲求時に介入できる
・患者家族との時間がとりやすく、指導や助言がしやすい
・病棟とリハスタッフの連携がスムーズになる
・包括病棟の介入患者数を減らせる可能性がある
・時間や単位数にとらわれない為、効率の良いリハビリが提供できる

訓練として動作を遂行するのではなく、実際に生活している上で同時に訓練できるメリットが大きいと言える。

POCリハのデメリット

POCリハのデメリットがこちら

・経営的な面ではコスト(人件費)がかかる
・どうゆうふうにスタッフを回していくか検討が必要
・介入する患者数が多くなり、各患者の情報量が多い
・患者一人に対する介入時間が短くなる
・「この時間はこの人をやる」というようにルーティーン化してしまう

まとめ

・POCリハは、患者の生活スタイルに合わせて介入できるメリットを持つ

・POCリハを導入することで、経営的な面でデメリットを生じやすい

・POCリハを導入したら、アピールしよう

・導入するなら「今がチャンス」

POCリハを導入することは、1つの挑戦です。

挑戦することで、失敗する可能性ももちろんあります。

 

しかし、挑戦しないと前に進めません。

病院も潰れる時代です。

 

経営、職員、患者様、地域の方々全てを含めて、Win-Winの関係を作っていきましょう。

まとめ

・POCリハは、患者の生活スタイルに合わせて介入できるメリットを持つ

・POCリハを導入することで、経営的な面でデメリットを生じやすい

・POCリハを導入したら、アピールしよう

・導入するなら「今がチャンス」

POCリハを導入することは、1つの挑戦です。

挑戦することで、失敗する可能性ももちろんあります。

 

しかし、挑戦しないと前に進めません。

病院も潰れる時代です。

 

経営、職員、患者様、地域の方々全てを含めて、Win-Winの関係を作っていきましょう。

経営の面では、少し損失がある場合もあることが分かります。

これらのデメリットを解消できるように、綿密な話し合いを設ける必要性がある。

POCリハはチャンス

POCリハはチャンス

はっきり言って、POCリハを導入することに関して、今がチャンスだと思います。

理由は単純で、POCリハを導入している病院が少ないというところから。

 

経営的にデメリットが多いのになんで?

って思われるかもしれませんが、POCリハを導入したことをアピールすることが大切になります。

 

他の病院へ、地域の方に認知してもらうことで、特別な存在になるからです。

注目されることで、「こんなこともやってくれるんだ」っと関心につながり、いいイメージを持ってくれるでしょう。

 

なので、もしPOCリハを導入するのであれば、広報をしっかりとする。

ホームページ、SNS、チラシなどをどんどん活用していきましょう。

【まとめ】POCリハを導入する

まとめ

・POCリハは、患者の生活スタイルに合わせて介入できるメリットを持つ

・POCリハを導入することで、経営的な面でデメリットを生じやすい

・POCリハを導入したら、アピールしよう

・導入するなら「今がチャンス」

POCリハを導入することは、1つの挑戦です。

挑戦することで、失敗する可能性ももちろんあります。

 

しかし、挑戦しないと前に進めません。

病院も潰れる時代です。

 

経営、職員、患者様、地域の方々全てを含めて、Win-Winの関係を作っていきましょう。

0
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です